FX
Top Page > サーバエンジニアとコミュニケーション能力

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリリンク
ネットワークエンジニアとは
転職その前に
いざ職探しへ
有効な資格
転職サイトリンク
サイトマップ

1週間で分かるITパスポート試験集中ゼミ 2010→2011

まずはココから始めましょう!
ユーザーの視点で基礎的な事を理解している事を証明する国家資格です。

基本情報 午前 完全合格教本〈2010年度版〉 (情報処理技術者試験)

転職にも有利!
開発側の視点で基礎的な事は理解している事を証明する国家資格です。

徹底攻略 Cisco CCNA/CCENT教科書 ICNDI編 [640-802J][640-822J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

ネットワークエンジニアの登竜門!
企業で取得が奨励される程の需要があるCiscoベンダー資格です。

Linux教科書 LPICレベル1 第4版 (CD-ROM付)

近年人気急上昇!
これからも高い需要が見込まれるLinuxベンダー資格です。
|TOP|


サーバエンジニアとコミュニケーション能力 



一般的にサーバエンジニアとは、主に顧客の導入しているサーバの
設計構築・メンテナンス・運用をするエンジニアを指します。

また、サーバエンジニアの大多数はサーバ運用やサーバ管理の業務にあたります。

近年サーバ運用管理業務は作業を標準化し、それぞれに作業手順書を作成し、
作業効率の向上と作業レベルの均一化を図り、成功してきました。

ただ、求人の応募条件には
「コミュニケーション能力のある方」
という条件がほぼ掲載されています。

なぜ、これほどまでコミュニケーション能力が求められるのでしょうか。


実は、近年進められてきたサーバ運用管理業務の標準化は
「誰が実施しても同じ」という結果をもたらし、
それが顧客が安い業者に乗り換える事の増加を招きました。



品質の高い手順書を作れば作るほど、誰でも作業できるようになる、
でもそれだけで業務を継続するのはもう限界に来ています。

そこで活きてくるのが「コミュニケーション能力」です。

インターネットの普及により、知識として新たな情報はどんどん入ってきます。
でも知識は知識であって、その知識をどう現在のシステムと融合させ、
新たなシステムを創造していくのは困難です。

でもそんなときに新たなシステムの創造やサービスの提供・提案を継続して実施するエンジニアがいれば
顧客にとって非常に心強い存在になります。
現状のシステム業務に関わり理解があれば、どんなコンサルタント会社に頼むより
安価で早くて効率よく提案できるからです。

この継続した提案・提供には顧客とのコミュニケーションは必須なのです。


企業の面接でもこの現状を踏まえて面接に臨めば、
企業にもいいアピールが出来るのではないでしょうか。
カテゴリリンク
ネットワークエンジニアとは
転職その前に
いざ職探しへ
有効な資格
転職サイトリンク
サイトマップ

1週間で分かるITパスポート試験集中ゼミ 2010→2011

まずはココから始めましょう!
ユーザーの視点で基礎的な事を理解している事を証明する国家資格です。

基本情報 午前 完全合格教本〈2010年度版〉 (情報処理技術者試験)

転職にも有利!
開発側の視点で基礎的な事は理解している事を証明する国家資格です。

徹底攻略 Cisco CCNA/CCENT教科書 ICNDI編 [640-802J][640-822J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

ネットワークエンジニアの登竜門!
企業で取得が奨励される程の需要があるCiscoベンダー資格です。

Linux教科書 LPICレベル1 第4版 (CD-ROM付)

近年人気急上昇!
これからも高い需要が見込まれるLinuxベンダー資格です。
|TOP|
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。